バックナンバー
 一覧を見る
村岡正啓
  同志社大学商学部卒業。
(株)大沢商会を経て、
1985年 人材派遣会社創業。
1997年 アソート(株)設立。

趣味:ラグビー、ゴルフ、映画、読書
PRESIDENT COLUMN
 
2020.06.29  「非日常の世界」
2020.05.27  心象風景
2020.04.27  「潮目」
2020.03.31  至誠に生きる
2020.02.28  「半分半分」
DATE 2020.02.28
TITLE 「半分半分」

すべて思った通りに物事が運ばない、逆に思った通りに旨く行き過ぎると、どっかで旨く行ったその分が帳消しにされるような場面に遭遇してきたように思います。
それほどに、人生の歩みというものは波乱に満ち溢れているように思います。あれもこれもと欲張っては後々、水泡に帰したり、随分と無駄な時間とエネルギーを費やしてきてことを、何度も辿ってきたように思うことがあります。

叶うことが当たり前のように取り組んで、叶わなかったら何が災いしているのかとすべては自分の正当性に浸りきってしまうのでした。今は亡き父からもよく言われたことがあります。
「世の中、すべて上手く行くことはない。旨く行ったら何かで代償を払わなければならない。」「しかし、上手くいくための努力はしなければならない」。そうなのです。「努力」、に終始された来たような背中を思い出します。「努力」を積み重ねてこそ、いくらかの報償対価に巡り合えるかも知れません。その報償の半分は、お陰様でと感謝の気持ちが、大切だと教えていただく機会もありました。俗に言う、お裾分けの感じで、頂いた分の半分はお返ししていく心得的なものかもと思っています。すべては、周りの方々からの何らかの応援、支援を頂いていることが根底にあるのだと思っています。

方や、目指したゴールに到達しているかも知れないのに、いまだゴールとは思わず、次なるゴールを目指して奮闘、努力を厭わないプロの世界もあります。

 

 

Copyright(C) ASSORT Co., ltd. All rights reserved.